学校が嫌いな子供の学習速度

学校が嫌なときは

学校が嫌だと思う理由

子どもの中には学校が嫌だと思う者がいます。そう思う理由には大きなもので2つあると思います。一つ目は、多くの人がおり大人でもそう感じるように子どもにも人との相性が合う、合わないがあります。多人数で行動を共にしなければならない場合合わない人と行動することはストレスとなりえます。二つ目は、学習速度についていけないことです。学校では、塾とは一人一人に沿った学習進度ではなく、学習速度は決まったカリキュラムに沿って進んでしまいます。そのため、勉強についていけないと感じる子どもがいます。わからないとこを学ぶのは苦痛に感じてもしかたないことです。

おしゃれ

学校が嫌だと感じるのは

学校が嫌だと感じるのは、通っているところとの相性が悪いからです。同じようなことをどこでもやっていると思っているかも知れませんが、実際にはかなりの差があります。つまり、合わないと思っているなら、現在通っているところを辞め、転校することを検討すると良いのです。合う学校かどうかは入学してみないと分からないものですが、そこの学生に聞けばある程度の予想は立てられます。授業や学ぶことも重要ですが、校風や指導方針に注目しましょう。該当する生徒に合うか合わないかはレベル以上に根本的な考え方や価値観に起因することが多いからです。

↑PAGE TOP