学校で気分が悪い時は

学校での嘔吐と処理

学校で嘔吐した辛い思い出

思い出すだけで気持ちが悪くなる、小学校の頃の僕の思い出です。3年生の冬、隣の町にある緑地公園までバス遠足に行きました。その緑地公園は緑の芝生が広がるなだらかな丘が人気でした。公園に着くとすぐに、僕たちはサッカーを始めました。風は冷たいものの、冬晴れの天気の下で走り回って、汗でびっしょりになりました。3時間ほど遊んで、またバスに乗って学校まで帰ることになりました。その帰り道、僕はバスで酔ってしまい、気分が悪くて真っ青な顔で吐き気をこらえていました。あと10分で到着します、というガイドさんのアナウンスがあり、僕のまわりの席に座っている友達も「あと少しだから頑張れ!」と励ましてくれました。ところが、バスが到着して校門に着いた途端に、僕は我慢しきれずに嘔吐してしまいました。それ以来、バスは苦手です。

おしゃれ

学校で嘔吐した場合とは

嘔吐の種類はいくつかありますが、体調不良によるものやむせてしまった時や、精神的なものまで様々です。もし、学校でなった場合は、本人はもちろんきついのですが、特に感染的なものならば気をつけなければいけません。感染的なものの可能性が高いのであれば、まず本人にビニール袋を持たせ保健室へと運び家族への連絡が必要です。また、教室や廊下などでした場合は、まず嘔吐物が風や乾燥で飛散しないようにテッシュなどでおおいます。そしてマスク、手袋をはめ、次亜塩素酸ナトリウムで消毒する必要があります。その後部屋の換気を行いましょう。学校という集団生活のなかで、なるべく感染を防ぐ事が大切になります。

↑PAGE TOP